【口コミが悪い?】ティンバーウルフの評判・安全性まとめ!

ティンバーウルフの実際の利用者の「口コミ」と成分から解析した「安全性」を解説していきます!

ティンバーウルフを猫ちゃんに与えてみた口コミ体験談!

キャットフードを食べているところ

ティンバーウルフの匂いは?

肉の中でも鶏肉と言ったあまり臭みのない肉を使用しているので匂いはそれほどきつくありません。しかしながら、グリンピースやさつまいもといった特有の匂いを出す食品を利用しているのでそれなりの匂いは残念ながらしてしまいます。

ティンバーウルフの食いつきは?

主に鶏肉を使用している、チキンが主役となっているキャットフードですので、食いつきは非常によく猫が好んで食べているということは食いつきによってすぐわかると思います。それくらい美味しいのでしょう、がっついて食べている様子を確認できます。

ティンバーウルフの体調面への影響は?

食べた後は活発に動けるということが大事でありますこ。ちらのキャットフードは高タンパクですので比較的活発な運動ができる的年齢の猫にとってみると確実な栄養源となっているので体調はすこぶる良いと思われます。しかし肝臓や腎臓が弱く高年齢の猫にはあまりふさわしくないキャットフードなのかもしれません。

ティンバーウルフの悪い口コミ!

猫も気に入っていてずっとティンバーウルフを与え続けたいですが、高たんぱくなのでシニアになったら無理なのが残念です。

シニア用のフードを作ってくれると良いのになと思います。

酸化しないように冷蔵庫に入れていますが、少し匂いが強めです。

匂いが漏れないようにジッパーでしめた後、別のジッパー付きの袋に入れて保管しています。

値段もプレミアムフードの中では高めの部類に入ります。

この量なら3000円以内に抑えて欲しいです。

タンパク質が豊富に含まれているのは良いのですが、猫が高齢になっても高タンパクのキャットフードを与え続けて、本当に大丈夫かと心配になってしまいます。

全年齢対応のキャットフードとして売り続けるのであれば、もう少しだけタンパク質の配合量を下げた方が良いのではないかと思えました。

開封後の香りの変化も気になる点で、もう少し酸化防止に力を入れてもらえた方が魅力的な製品になるはずですから、改良をお願いしたいです。

量販店で販売されておらず、1袋100g入りで3000円というお値段に不満を感じています。

ネット通販でアメリカから個人輸入を行なわないと買えませんが、本体価格と配送料だけで高額になってしまい家計を圧迫しているので今後継続購入が出来ない恐れもあります。

販売ルートを拡大して頂くか、2kgほどの大容量パックも販売してくれると度々注文をしないで済むので経済的負担は軽くなります。

良い商品ゆえに改善策を考えてくださることを願っています。

確かに食いつきいいですし下痢も改善されてきたのですが、値段がとにかく高いので困ってしまいます。

原料もこだわっているし仕方がないかもしれませんが、これまでホームセンターで格安のときにまとめ買いしていたような安いキャットフードばかりを食べさせてきていたので、いざティンバーウルフを奮発して購入して食べさせても、次も購入してあげようと簡単には思えませんでした。

なので、もっと安い値段で売り出して欲しいなと思います。

家の猫に食べさせてみようと思ったのですが、実際にお皿に入れて出してみると、すごく嫌がって全く食べようとしないですし、あまりにお腹が空いたのか寄ってきても一粒か二粒だけかじってそっぽを向いてしまいました。

好みもありますし、家の猫には合わなかったというだけなのですが、値段がとにかく高いので購入して損をしてしまったなと思いました。

他のキャットフードに比べると格段に割高な感じがします。それだけのこだわりを感じるキャットフードなので仕方がないと思いますが、とにかく残念でした。

ティンバーウルフの良い口コミ!

ミールではなくチキンとニシンを原材料としている所が気に入っています。

着色料や保存料が使われていないのと、グレインフリーなので安心して与えられます。

今までアレルギーの症状が出たことはありませんが、フードを変える時は一番心配している点です。

健康的なフードは味も単調なのか食いつきが悪いことがありますが、この商品は気に入っているようできちんと食べてくれます。

毛並みなども艶々になり、うちの猫に合っているようです。

猫には動物性のタンパク質を与えるべきだと効いて、野生の猫の食事に近い原材料を選んだ、ティンバーウルフを与えるのが良いだろうと思いました。

タンパク質の配合量が高い割に、脂肪分は抑えられているところも魅力的ですし、ヒヨコ豆やサツマイモが配合されている点も素晴らしいです。

雑食の猫に合っているキャットフードだと思えており、飼育している猫の食い付きも良くて安心できました。

肉類が豊富に配合されているので、猫が便秘を起こさないか心配していたのですが、便通も問題はありません。

我が家の愛猫は、小さい時からお肉をそのまま食べていたのでドライフードに一切興味を抱いてくれませんでした。

総合栄養を摂取させないと獣医師に言われて、愛猫が大好きな鶏肉がたくさん使用されているティンバーウルフを購入して与えています。

主要成分である肉は、オーガニック製法で飼育されている鶏なので安心して与えられるのがいいところです。

チキンオイルをフード全体に付けているおかげで香ばしい臭いがして食いつきもいいです。

我が家の猫は下痢が続いていたので、キャットフードを替えてあげたいと思って、消化の良いキャットフードはなか探してみました。

するとネットでティンバーウルフを知りました。

口コミを見てみても猫が食欲を無くしていたけれど食べるようになったとか、体調が整ったというのを見て食べさせてみることにしました。

確かに食いつきが我が家の猫もすごく良かったですし、食べさせていくうちに下痢が改善されてきたので食べさせて良かったなと感じました。

家の愛猫が手術をしたのですが、病院から紹介してもらったキャットフードをなかなか食べてくれないので友人が教えてくれたティンバーウルフを購入することにしました。

とにかく内容を見ても品質がいいので安心して食べさせることが出来そうだなと思ったのが率直な感想です。

原料が天然素材ですし、人間と同じように気を使ってあげたいと思っていたのでこれはきっとうちの猫にとってすごくいい効果をもたらしてくれると思えました。

口コミの収集はクラウドソーシングを利用して行っています。

ティンバーウルフの楽天レビューの口コミ!

「ありませんでした。」

ティンバーウルフのAmazonレビューの口コミ!

「ありませんでした。」

参考:Amazon

ティンバーウルフの口コミをまとめると!

たくさんの口コミを見てきましたが、どんな口コミがあったのかまとめてみましょう!

よい口コミ 悪い口コミ
・原料が天然素材
・毛並みもよくなった
・体調面もよくなった
・安心安全
・オーガニック製法の肉を使用
・匂いが強め
・高たんぱくすぎる
・値段が高い

【2~3行でまとめ内容補足】
口コミを見ていると「品質がいいので安心して食べさせることができる」という意見が最も多く見られました。

ただ、一方で悪い口コミもあり、値段が高く継続するのが大変という意見など、飼い主の扱いやすさに差があるようです。

ティンバーウルフの原材料・成分!

原材料 チキン、ニシン、乾燥チキンレバー、グリーンピース、ひよこ豆、チキン脂肪、サーモン、サツマイモ、亜麻仁、乾燥チキン、乾燥ケルプ、出芽酵母、サーディーンオイル、乾燥アルファルファミール、タマゴ、ニンジン、ブルーベリー、乾燥セロリ、乾燥ビーツ、乾燥パセリ、乾燥クレソン、乾燥ホウレン草、乾燥トマト、カゼイン、乾燥ミルク、レシチン、塩化コリン、ミネラル [アミノ酸亜鉛複合体、アミノ酸鉄複合体、アミノ酸マンガン複合体、亜セレン酸ナトリウム、 ヨウ化カリウム、パントテン酸カルシウム]、ビタミン [ビタミンE サプリメント、ビタミンB12サプリメント、ビタミンAアセテート、ナイアシン(ビタミンB3源)、ビタミンD3サプリメント、リボフラビン(ビタミンB2源)、葉酸、塩酸ピリドキシン(ビタミンB6源)、塩酸チアミン(ビタミンB1源)、ビオチン(ビタミンB7源)、クエン酸(ビタミンC源)、混合トコフェ ロール(ビタミンE源 と天然保存料)]、プレバイオティクス: [チコリ根 (イヌリン)] プロバイオティクス[乾燥ラクトバシラスアシドフィルス菌、乾燥ラクトバシラスカゼイ菌、乾燥ラクトバシラス乳酸菌、乾燥バシラスサブチルス菌] パパイン、ユッカシジゲラ抽出物、βカロチン、フラクトオリゴ糖、タウリン、L-カルニチン、DL メチオニン、ローズマリー抽出物(天然保存料)
成分 粗タンパク質 36%以上、粗脂肪 18%以上、粗繊維質 2.5%以下、粗灰分 6.5%以下、水分 9%以下、カルシウム 1.4%、リン 1.1%、銅 16mg/kg、ビタミンA 22,000IU/kg、ビタミンD 1,200IU/kg、ビタミンE 350IU/kg、オメガ6脂肪酸 3.4%、オメガ3脂肪酸 1.2%
カロリー 398kcal/100g

ティンバーウルフの安全度は?成分からチェック!

健康被害や病気を引き起こすような危険な成分24種類をピックアップし、ティンバーウルフに入っていないか?チェックした結果が以下です。

〇〇副産物※4D 〇〇消化物※4D 〇〇粉※4D
なし なし なし
〇〇ミール※4D 穀類(グレイン) 没食子酸プロピル
なし あり なし
BHT BHA エトキシキン
なし なし なし
動物性油脂 ソルビン酸カリウム グリシリジンアンモニエート
あり なし なし
ビートパルプ 亜硝酸ナトリウム 赤色40号
なし なし なし
青色2号 赤色3号 黄色5号
なし なし なし
青色3号 赤色2号 黄色104号
なし なし なし
黄色6号 青色1号
なし なし なし
4Dとは?
4Dとは「Dead=死んでいる」「Dying=死にかけている」「Disabled=不具合」「Diseasd=病気である」の略で非常に危険な食品です。

ラベルへの表記が様々なので統一して○○ミールなどとまとめた表記をしています。

ティンバーウルフの安全性評価!

ティンバーウルフは4Dのような粗悪な現在利用は利用していなく、当サイトの安全性ランクはBランク(最高はSランク)です。

4Dは使われていないものの、穀類を多数使っている、また動物性油脂を利用しているため完全に安全とは言い切れません。

安全性に問題があるわけではありませんが、与える場合は猫ちゃんの様子を見ながら注意深く与えてみるのが良いでしょう。

ティンバーウルフは薬局で買える!?市販の販売店調査情報!

市販の店舗で購入できるところがあるのか調べてみました。

調査結果
  1. ココカラファイン:なし
  2. マツモトキヨシ:なし
  3. ミネドラッグ:なし
  4. ドン・キホーテ:なし

ティンバーウルフの最安値は?楽天?Amazon?

どこで購入するのが最も安く買えるのか、価格比較をしてみました!

公式 楽天 Amazon
単品 3,024円(税込み) なし なし
定期 なし なし
お試し なし なし
送料 3,240円以上は送料無料

ティンバーウルフの販売会社情報!

会社名 株式会社フロントベル
住所 〒343-0856 埼玉県越谷市谷中町4-170
公式サイト http://www.frontbell.com/