サーモンメインのキャットフードの選び方とおすすめランキング!

猫ちゃんの好みに合わせてキャットフードを選んでいる方も少なくありません。

その中でもサーモンをメインにしたキャットフードを使っている、あるいはこれから使いたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

今回はサーモンをメインにしたキャットフードについて、安全性が高く栄養が豊富なキャットフードの選び方とおすすめランキングについて紹介していきましょう。

キャットフード教授

低品質なキャットフードがたくさんあるから気をつけて選ぶ必要があるニャ!!

サーモンメインのキャットフードの選び方!3つのポイント!

猫は本来チキンなどの肉類を捕獲して食べていたこともありますが、サーモンにはサーモン独自のメリットがあります。

このメリットを猫ちゃんに十分に与えるためには、しっかりとした安全性の高いキャットフードを選ぶ必要があるのです。

サーモンメインのキャットフードを選ぶ場合は3つのポイントを把握しておきましょう。

3つのポイント
  • 新鮮で高品質な安全性の高いサーモンを使用しているか
  • 動物性タンパク質を豊富に含んでいるか
  • 穀物・人工添加物は使っていない

安いから、大量に入っているから、何度も買う手間が省けるからといった理由でキャットフードを

選ぶのは猫ちゃんの健康を考えた上では最もやってはいけない行動です。

上記3つのポイントをしっかりと抑えたキャットフードを選ぶことが必要となりますので、しっかりと覚えていきましょう。

1. 新鮮で高品質な安全性の高いサーモンを使用しているか

原材料に含まれているサーモンは、どのような品質であるかによって表記が変わってくるため、安全性の高いサーモンを選ぶのであれば新鮮なサーモンが使用されたキャットフードを選ぶ必要があります。

原材料の中のサーモンには以下のような表記で記載されているのでみてみましょう。

  • 生サーモン
  • フレッシュサーモン
  • 乾燥サーモン
  • デハイドレイテッドサーモン
  • サーモンミール
  • サーモンオイル

以上のサーモンの中で、新鮮で高品質なサーモンはどれかと言われると「生サーモン」、「フレッシュサーモン」です。

デハイドレイテッドサーモンも高タンパクではありますが、やはり生やフレッシュといったサーモンのほうが新鮮で高品質といえます。

サーモンをメインにしたキャットフードを選ぶ場合、生やフレッシュといった記載を注意して見るようにしましょう。

注意
サーモンミールはサーモンの全ての部分を混ぜ合わせて作るものですが、新鮮なサーモンだけではなく腐りかけのサーモンでも混ぜ合わせてしまえばサーモンミールと表記することができます。

つまりサーモンミールと表記があるキャットフードは、安全性について確証が持てないため選ぶことは避けたほうが良いでしょう。

2. 動物性タンパク質を豊富に含んでいるか

猫はほぼ肉食動物なので動物タンパク質によって栄養を補給することができます。

そのため、サーモンに含まれるタンパク質が豊富に含まれている、あるいはサーモン以外の動物性タンパク質も多く含有しているキャットフードを選ぶようにしましょう。

動物性タンパク質が多く含まれているといっても、先ほど説明したようにサーモンミールといったような安全性の取れないタンパク質が含まれている場合は例外です。

ポイントを抑えた上での動物性タンパク質が豊富に含まれているキャットフードということを覚えておいてください。

キャットフード教授

猫ちゃんは動物性タンパク質ばかり摂っていても何も問題がないニャ!!

3. 穀物・人工添加物は使っていない

最近のキャットフードに増えてきているグレインフリーという表記、実はこれ「穀物類」を使用していないという意味なのです。

キャットフード教授

穀物類は猫ちゃんにとってどういう影響を与えてしまうんだニャ?

穀物というのは猫ちゃんにとって危険というわけではありませんが、必ずしも必要な成分というわけでもありません。

猫ちゃんにとって穀物というのは消化が苦手で、アレルギーを引き起こしてしまうリスクがあるため最近では穀物が含まれていないキャットフードが好まれるようになってきたのです。

キャットフード教授

安全性という概念で考えると穀物は含まれていない方が良いってことニャね!!

その通りです。

また、穀物類よりも危険性の高いものとして人工添加物の存在があります。

エトキシキン、プロピレングコール、赤色40号、青色2号といった添加物は、猫ちゃんの発がんリスクを高め、アレルギー性皮膚炎や変移疾患を起こしてしまう可能性があるため注意が必要です。

ヒトが食べる原料には含まれていないような添加物もキャットフードには添加されていることがあるため、猫ちゃんの健康を考えるのであればしっかりと人工添加物が含まれていないものを選ぶ必要があります。

安全性基準Aランク以上のキャットフード比較一覧!

猫ちゃんに与えるキャットフードであれば、安全性が高く栄養が豊富なものの方がおすすめであると断言できます。

しかし、市販のキャットフードはかなりたくさんあり、今回紹介したポイント以外にも気になる点があってどれが自分の猫ちゃんに合っているキャットフードなのかわからなくなってしまうという人も多いでしょう。

そこで、生物博士とキャットフード教授が調べた88種類のキャットフードから、当サイトで評価した安全性基準ランクA以上のキャットフードを比較してみました。

サーモンではないキャットフードも含まれていますが、サーモン以外のキャットフードを与える機会も出てくるかと思いますので参考にしてみてください。

メイン原料の品質 タンパク質含有量 穀物・人工添加物不使用
カナガン 二重丸(チキン) 60% 二重丸
モグニャン 二重丸(白身魚) 63% 二重丸
ファインペッツ 二重丸(アヒル肉&ニシン) 85% 丸
シンプリー 二重丸(サーモン) 73% 二重丸
ジャガー 二重丸(サーモン&チキン) 80% 丸
オリジン 丸(チキン) 90% 丸
アーテミス『オソピュア』 丸(サーモン) 40% 丸
アーテミス『フレッシュミックス』 丸(チキン) 33% 三角
アカナ 丸(チキン) 37% 丸
ナウフレッシュ 二重丸(ターキー) 31% 丸

安全性基準ランクA以上のキャットフードは、全て原料が新鮮で高品質なものを使用しているため、実はどれを選んでも安全で栄養が豊富です。

しかし、タンパク質含有率やメイン原料以外の部分でどのような原料を配合しているのか、粒の大きさや香りなどに違いが出てきますので、総合した評価を基に次の項でランキングにしていきます。

キャットフード教授

サーモンメインのキャットフードランキングTOP3の紹介ニャ!!

サーモンメインのキャットフードおすすめランキング!

先ほどの比較表を見るとサーモンをメインにしているキャットフードは3種類あったので、ランキングというよりは詳細となってしまうことにはなりますが、どれが合っているのかは猫ちゃんがどういう状態、環境にいるのかで変わります。

しっかりといまの状況を見直して、最適なサーモンメインのキャットフードを見つけてみてください。

キャットフード教授

じゃあ早速ランキングTOP3をみていこうニャ!!

シンプリー

シンプリー
ポイント
  1. 高品質な生サーモンを使用
  2. 動物性タンパク質を73%と豊富に含有
  3. 穀類・人工添加物不使用
  4. 消化と腹持ちの良いサツマイモ使用
  5. 消化に優しく全ライフステージに対応
CHECK
高品質な生サーモンを使用しながら、高タンパク・穀類・人工添加物不使用といった栄養豊富で安全性の高いキャットフードです。

サーモン以外にも消化吸収と腹持ちの良いサツマイモを使用し、ニンジンやりんご、ほうれん草に含まれるビタミンやミネラルによって毛玉の排泄や尿路結石予防のサポートが期待できます。

シンプリーの評価
メイン原料品質
(5.0)
タンパク質
(4.0)
アレルギー
(5.0)
食いつき
(4.0)
総合評価
(4.5)

ジャガー

ジャガー
ポイント
  1. サーモンとチキンの動物性タンパク源
  2. 動物性タンパク質含有率80%
  3. 穀類・人工添加物不使用
  4. 新鮮で上質なヒューマングレード素材を使用
  5. その他の原料も厳選された上品素材
CHECK
ヒトが食べても問題のない品質であるヒューマングレードの素材を厳選して作られたキャットフードがジャガーです。

タンパク質も高含有で活発に動く仔猫や屋外で飼っている猫ちゃんにはおすすめで、魚と肉のバランスの取れたタンパク源によって猫ちゃんの食いつきも良いキャットフードとなっています。

ジャガーの評価
メイン原料品質
(5.0)
タンパク質
(4.5)
アレルギー
(4.0)
食いつき
(4.0)
総合評価
(4.0)

アーテミス『オソピュア』

アーテミス『オソピュア』
ポイント
  1. 第3原料まで贅沢にサーモンを使用
  2. 動物性タンパク質含有率40%
  3. 穀類・人工添加物不使用
  4. ビタミン・ミネラル豊富
CHECK
アーテミスオソピュアは第3原料までサーモンを含有しており、グレインフリー・人工添加物不使用の安全性の高いキャットフードです。

サーモンだけではなくブルーベリーやラズベリー、トマトなどの栄養価が高い果物や野菜を配合していますので、バランス良く栄養補給ができます。

アーテミス『オソピュア』の評価
メイン原料品質
(4.5)
タンパク質
(4.0)
アレルギー
(4.0)
食いつき
(3.0)
総合評価
(4.0)

キャットフード教授

サーモンは消化吸収が良いタンパク質だからシニア猫ちゃんにもおすすめニャ!

サーモンメインのキャットフードのFAQ!

サーモンをメインにしたキャットフードはメリットもありますがデメリットもあります。

その点を良く把握して自分の猫ちゃんに合ったキャットフードを選んでいくようにしたいところです。

では、最後にサーモンメインのキャットフードのFAQについて2点、回答していきたいと思います。

サーモンメインのFAQ
  • サーモンベースのキャットフードのメリット・デメリットは?
  • 白身魚ベースと青魚ベースのキャットフードはどちらがおすすめ?
  • これらの疑問を解消することによって、よりキャットフードに関する知識が増えて適切な餌を与えることにつながります。

    キャットフード教授

    猫ちゃんの成長や健康にはキャットフードが切っても切り離せないニャ!!

    1. サーモンベースのキャットフードのメリット・デメリットは?

    サーモンベースのキャットフードは、チキンやターキーといった肉類がメインのキャットフードに比べるとどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

    まずはメリットについてみていきましょう。

    サーモンベースのキャットフードのメリット

    サーモンベースのメリット
  • 消化吸収が良い
  • 低カロリー高タンパク
  • DHAやEPAも豊富に含まれている
  • サーモンはチキンなどの肉類に比べると消化吸収が良いため、離乳食に入り始めた仔猫の時期や、消化機能が低下してしまうシニア猫ちゃんにおすすめです。

    また、低カロリーながらタンパク質を多く含有していますので、栄養補給する上では効率が良い原料だといえるでしょう。

    また、サーモンベースのキャットフードには魚特有の栄養分DHA・EPAも摂取することができますので血液サラサラ・動脈硬化にも期待できます。

    サーモンベースのキャットフードのデメリット

    サーモンベースのキャットフードのメリットを把握したうえで、デメリットはどういったものがあるのかを知っておきましょう。

    サーモンベースのキャットフードのデメリットは以下の点が挙げられます。

    サーモンベースのデメリット
  • アレルギーを発症するリスクがある
  • 猫ちゃんによっては食いつきが悪いことも
  • 一般的に普及されているキャットフードはチキンが多いですが、このチキンにもアレルギーを持つ猫ちゃんがいるように、サーモンがアレルゲンである猫ちゃんもいます。

    また、魚ベースよりも肉ベースのキャットフードの方が好みの猫ちゃんもいますので、嫌いなものをいくら与えても食いつきがよくなることはありません。

    そういったデメリットはありますが、やはりそれ以上にメリットの恩恵が大きいので自分の猫ちゃんを良く観察した上でサーモンメインのキャットフードに替えてみると良いでしょう。

    2. 白身魚ベースと青魚ベースのキャットフードはどちらがおすすめ?

    サーモンは身が赤く見えるため赤身魚に見えますが実は白身魚の部類にはいります。

    サーモンのメリットが白身魚のメリットといって良いでしょう。

    では、カツオやマグロといった青魚も猫ちゃんのキャットフードに含まれていることが多いですが、白身魚と青魚はどちらがおすすめなのか考えてみましょう。

    キャットフード教授

    おすすめできるのは断然白身魚ベースのキャットフードだニャ!!

    実は青魚を与えすぎてしまうと、青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸が貯留してしまい黄色脂肪症(イエローファット)を引き起こすリスクを高めてしまうのです。

    猫ちゃんの安全性を考えるのであれば、青魚をメインにしているキャットフードよりも白身魚をベースにしたキャットフードを与えるようにしましょう。