ラグドールの餌の選び方とおすすめキャットフードランキング!

ふわふわとしたシルクのような毛並みを持つラグドールですが、最近では小型のラグドールも出始めてより人気が出ています。

今回はそんなラグドールの餌の選び方とおすすめできる安全性の高いキャットフードをランキング形式で紹介していきましょう。

キャットフード教授

ラグドールならキャットフード教授も永遠に触っていられるニャ!!

ラグドールのキャットフードの選び方!3つのポイント!

ラグドールは一般的な猫ちゃんと同じものを与えても問題ないから市販のキャットフードを与えているという人は少し注意が必要です。

市販のキャットフードにラグドールにとって必要な成分が含まれているかをしっかりと確認しなければ病気のリスクをも高めてしまいます。

それだけでなく猫ちゃんにとって悪影響のある成分が含まれたキャットフードもたくさんありますのでしっかりと見極めなければなりません。

ラグドールにとって重要な餌選びのポイントは以下の3つです。

3つのポイント
  • 高タンパクでヘルシー
  • タウリンが豊富に含まれている
  • 毛球症を予防できる成分が含まれている

恐らく市販のキャットフードでテキトーに選んでしまっている場合、上記3つのポイントを抑えていないもののほうが大半でしょう。

ラグドールの猫ちゃんのことをしっかりと考えるのであれば、今一度どのようなキャットフードを選べばいいのかについて覚えてみてください。

1. 高タンパクでヘルシー

タンパク質は多いと太ってしまうというイメージですが、猫ちゃんにとって動物性タンパク質というのは栄養を補給する上で非常に大切な物質です。

というのも猫は本来ほぼ肉食動物なので、肉から補給できるタンパク質によって栄養を補うことができるからです。

ただし、ラグドールは仔猫の時期は活発に動きますが成猫になるにつれて穏やかになり運動をあまりしなくなりますので、高タンパクでもカロリーが高いものは肥満の原因になってしまいます。

そのため、高タンパクでヘルシーなキャットフードを選ぶようにしましょう。

MEMO
高タンパクでヘルシーなキャットフードがポイントですが、品質についてもチェックしなくてはなりません。

というのも低品質な動物性タンパク質を含有しているキャットフードがあまりにも多いからです。

特に4Dミートと呼ばれる肉類を含有しているものにはきをつけなくてはなりません。

詳しい成分表示名は【愛猫の安全のため!粗悪なキャットフード業界事情を知ろう!】に記載しているので気になる方は確認してみてください。

2. タウリンが豊富に含まれている

猫にとってタウリンというのは必須アミノ酸で、生きるために必要な器官で消費される栄養素です。

また、ラグドールがなりやすい病気である尿路結石や肥大型心筋症もタウリンの不足によって起こると言われています。

その点から考えてもタウリンが豊富に含まれているキャットフードを選ぶということは大切だということがわかるでしょう。

ちなみにタウリンは新鮮で高品質な肉類や魚類に多く含まれています。

そのため安全性の高いキャットフードを選ぶことによってタウリン補給は十分に可能ということを覚えておいてください。

キャットフード教授

必須アミノ酸は体内で合成することができないから必ず食べ物で取り込む必要があるニャ!

3. 毛球症を予防できる成分が含まれている

ラグドールは毛が長いため毛づくろいをして毛を飲み込んでしまうと胃の中で毛玉となってしまい食欲不振や嘔吐、便秘を引き起こす毛球症になってしまいます。

特に換毛期と呼ばれる毛の生え変わる時期は抜け毛が多くなるために猫ちゃん自身も毛づくろいを多くするようになるので毛球症が起こりやすいです。

しかし、飲みこんだ毛をスムーズに排出できるように食物繊維が含まれているキャットフードはラグドールにとってうってつけのキャットフードと言えるでしょう。

ただし、食物繊維といっても水溶性・不溶性の2種類が存在し、不溶性の食物繊維が多すぎるとかえって便秘を起こしやすくなってしまいます。

水溶性・不溶性の食物繊維がバランスよく含まれたキャットフードを選ぶようにしてください。

MEMO

食物繊維以外にも腸内環境を整えることによって毛玉の排泄を促すことに期待ができます。

現在ではオリゴ糖やプロバイオティクスといった乳酸菌などを含有しているキャットフードも増えてきていますので、便秘解消や毛球症予防のためにこれらの成分をチェックしておくことも大切です。

ラグドール用のキャットフードの比較一覧!

ラグドールの猫ちゃんのために先ほどの3つのポイントを抑えたキャットフードを探そうとペットショップにいく準備をしている方もいるかもしれません。

しかし、実は市販されているキャットフードというのはかなりの数があるため、一から探そうとなるととても時間がかかってしまい効率が良くありません。

そこで今回当サイトで調査した安全性基準ランクA以上のキャットフード10種類の中から先ほどのポイントに沿って比較ができる表を作りましたので参考にしてみてください。

タンパク質含有率 タウリン含有量 毛球症予防成分
カナガン 60%
(チキン)
二重丸 丸
モグニャン 63%
(白身魚)
丸 丸
ファインペッツ 85%
(アヒル&ニシン)
丸 二重丸
シンプリー 73%
(サーモン)
丸 二重丸
ジャガー 80%
(チキン)
二重丸 丸
オリジン 90%
(チキン)
二重丸 丸
アーテミス『オソピュア』 40%
(サーモン)
丸 丸
アーテミス『フレッシュミックス』 33%
(チキン)
三角 三角
アカナ 37%
(チキン)
丸 丸
ナウフレッシュ 31%
(チキン)
丸 丸

比較してみると、安全性基準ランクがA以上なだけあり、どれもラグドールにとっておすすめできるようなキャットフードたちばかりです。

ただ、細かく見てみるとタンパク質含有率の違いであったりタウリン含有量の違いであったりとありますが、市販されているキャットフードと比べるととてもおすすめできるキャットフード10種類となっています。

また、毛球症予防の成分はオリゴ糖や乳酸菌と食物繊維が豊富に含まれているものを◎として表記させていただきました。

しかし、◯とついているものの中でも対して差はなく、あなたのラグドールにとって適切なキャットフードを探すのであればこの10種類の中から比べると良いでしょう。

キャットフード教授

10種類でもまだ多い?じゃあ次のランキングを見ると良いニャ!!

ラグドールにおすすめのキャットフードランキング!

ラグドールにとっておすすめできるキャットフード10種類を紹介しましたが、キャットフード教授が言うように10種類というのもまだ数としては多いと感じる方は少なくありません。

そこで、さらにラグドールにとっておすすめできるキャットフードを3つに絞ってランキング形式で紹介していきたいと思います。

ラグドールといってもそれぞれに好みが違ってきますので、あなたの飼っている猫ちゃんの食いつきや与えやすいキャットフードを見つけてみてください。

カナガン

カナガン
ポイント
  1. メインはイギリス産のチキンながら高タンパクでヘルシー
  2. タウリンも2200mg/kg含有
  3. 腸内環境改善のオリゴ糖配合で毛球症をサポート
  4. グレインフリー
  5. 人工添加物不使用
CHECK
イギリス産の高品質チキンを60%以上も使用し、タウリン高配合、毛球症ケアにオリゴ糖を含んだ安全性の高いキャットフードです。

また、猫ちゃんにとって悪影響のあるグレインや人工添加物も含んでいないのでラグドールにとってはうってつけのキャットフードといえるでしょう。

カナガンの評価
タンパク質
(4.0)
低カロリー
(4.5)
タウリン
(5.0)
毛球症ケア
(4.5)
総合評価
(4.5)

シンプリー

シンプリー
ポイント
  1. 高タンパクで栄養がたっぷりと配合
  2. タウリン配合
  3. マンナン・フラクトオリゴ糖配合
  4. 穀類・人工添加物不使用
  5. 消化に優しいサーモンで出来ている
CHECK
サーモンをメインにした高タンパク質なキャットフードで、タウリン・オリゴ糖(マンナン・フラクト)配合と安全性に信頼がありラグドールにおすすめです。

サーモンは消化に優しく離乳食を始めたばかりの消化機能が成熟していない子猫ちゃんや、消化機能自体が低下しているシニア猫ちゃんにもおすすめできる全ライフステージ対応のキャットフードとなっています。

シンプリーの評価
タンパク質
(4.0)
低カロリー
(4.5)
タウリン
(4.0)
毛球症ケア
(4.0)
総合評価
(4.0)

ジャガー

ジャガー
ポイント
  1. 肉と魚の動物性タンパク質を配合
  2. タウリン配合
  3. 野菜や果物由来の食物繊維配合
  4. グレインフリー・無添加
  5. ヒューマングレードの厳選素材で生産
CHECK
チキンやサーモンといった肉類と魚類のタンパク質をバランスよく配合したキャットフードで、新鮮食材を使用しているためタウリンも配合しています。

何よりヒトが口にしても問題ないヒューマングレードの素材を使用しているため安全性においてはかなりの信頼ができるキャットフードです。

ジャガーの評価
タンパク質
(4.0)
低カロリー
(4.0)
タウリン
(4.0)
毛球症ケア
(4.5)
総合評価
(4.0)

ラグドール用のキャットフードのQ&A!

ラグドールに合ったおすすめのキャットフードがどのようなものであるかを知ってもらえたかと思います。

では、最後にラグドール用のキャットフードのQ&Aとして以下の2つの質問にこたえていきましょう。

ラグドールのQ&A
  1. ラグドールがなりやすい病気を予防するキャットフードの選び方
  2. ラグドールの仔猫とシニア猫ではキャットフードは変える?変えない?

キャットフード教授

ラグドールの健康をサポートするために、しっかりとキャットフードに関わる知識を身に付けていくニャ!!

1. ラグドールがなりやすい病気を予防するキャットフードの選び方

ラグドールはその特徴からかかりやすい・なりやすい病気が存在します。

その中でも病気を予防できるキャットフードの選び方というものがあるので見ていきましょう。

では、まずはラグドールがなりやすい病気のうち、キャットフードで予防できるものを以下にまとめてみます。

ラグドールの病気
  • 肥大性心筋症
  • 毛球症
  • 尿路結石

では、これらの病気をキャットフードに含まれるどのような成分によって予防することができるのかについて見ていきましょう。

肥大性心筋症を予防する成分

筋肥大性心筋症というのは心臓の筋肉が肥大してしまうことによって呼吸困難や心不全のリスクを高めてしまう危険な病気です。

この肥大性心筋症は遺伝性の部分もありますが、タウリンが不足することによって起こりやすくなると言われています。

そのため、タウリンが豊富である新鮮な肉・魚を使用したキャットフードが肥大性心筋症を予防に期待ができる方法です。

特にシニア猫ちゃんになるとこの肥大性心筋症にかかりやすくなりますので、安全性の高いキャットフードを選ぶようにしましょう。

毛球症を予防する成分

ラグドールは長毛種に分類されますので、毛を飲み込むことによって毛球症を引き起こしやすいのが特徴の1つです。

毛を飲み込んでしまい胃の中で毛玉となることで食欲不振や嘔吐が起こってしまいますが、毛玉をつくらないように上手く排出を促す成分を摂取することによって予防することができます。

先ほどラグドールのキャットフードの選び方のポイントでも紹介しましたが、食物繊維を含むキャットフードを選ぶことによって、胃の中の毛玉を上手く排出してくれますので予防に期待ができます。

また、腸内環境を整えることによっても毛玉の排出をサポートできますので、オリゴ糖やビフィズス菌といった成分を含んだキャットフードを選ぶようにしましょう。

キャットフード教授

ラグドールは毛が長いから毛球症には特に気をつけるニャ!!

尿路結石を予防する成分

尿路結石は膀胱から尿道までの間に砂や石が作られてしまうことによって、排尿が痛みによって困難になってしまう病気です。

猫ちゃんは元来我慢強く表情をおもてに出さないため、尿路結石になってもわかりにくいので発見が遅れてしまうことがあります。

この尿路結石もタウリンの不足によってできやすくなりますので、肥大性心筋症と同様に新鮮な肉・魚類をメイン原料にしたキャットフードを選ぶようにしてください

2. ラグドールの仔猫とシニア猫ではキャットフードは変える?変えない?

ラグドールの猫ちゃんを飼い始めたときに仔猫の時期とシニア猫の時期にはキャットフードを変えたほうが良いと言われたことがあると思います。

これは、仔猫とシニア猫では必要なカロリーが違うため変える必要があると言われているのです。

仔猫は猫の一生で一番成長する時期なのでその分カロリーをしますが、シニア猫になると運動も落ち着いてくるのでカロリーをさほど必要としなくなります。

仔猫や成猫の時期にカロリーが高いキャットフードを与えていた場合、シニア猫になるとカロリーオーバーになってしまい肥満の元になるため、大体400kcal以上のキャットフードを与えている場合はキャットフードを変える必要があるでしょう。

しかし、それ400kcal以下のキャットフードで安全性が高く栄養も豊富であれば気にする必要はなく、状況に応じて餌の量を変えてあげるといった工夫をしてあげれば問題ありません。

仔猫とシニア猫では必要なカロリーが違うということを覚えて肥満にさせないようにしましょう。

キャットフード教授

ラグドールは特に運動をあまりしない猫種なので餌の与えすぎには注意ニャ!!