【口コミが悪い?】オープンベイクドの評判・安全性まとめ!

オープンベイクドの実際の利用者の「口コミ」と成分から解析した「安全性」を解説していきます!

オープンベイクドを猫ちゃんに与えてみた口コミ体験談!

キャットフードを食べているところ

オープンベイクドの匂いは?

非常に良い原材料と製造過程であると言うこともあり、このオープンベイクドの匂いは大変良いものであると言えるでしょう。他のキャットフードも試したことがありますがこれほどまでに良い匂いのキャットフードはなく、安心して利用することができます。

オープンベイクドの食いつきは?

良い原材料で作られていると言うことも自分の家の猫が分かるのかとてもすごい食いつきを見せてきます。こちらも他のキャットフードをこれまでにあげてきましたが、圧倒的にオープンベイクドを食べているときの食いつきは他のキャットフードを食べている時と違います。

オープンベイクドの体調面への影響は?

このキャットフードを食べたからといって体調を崩したり体調が良くなったりする事はなく、比較的健康に過ごすことができていると思います。良い原材料が使用されていると言うこともあり、猫的には体調が良くなっているのかもしれません。

オープンベイクドの悪い口コミ!

他のキャットフードと比べても値段が高いので、あと2割ほど値段を下げてもらわなければ、継続的に購入する事が難しくなりそうです。

ビートパルプが含まれているところも少し気になる点で、他の素材で食物繊維を摂取したいと考えているので、ビートパルプは取り除いてほしいと願っています。

ふやけやすいところも気になっており、もう少し食感が硬い状態をキープしてもらいたいです。

開封してから時間が経った後も、同じ食感を維持できるよう改良をお願いします。

手間のかかる製造法や栄養価を考えるとこの価格設定は仕方ありませんが、もう少し安いと常食に出来るのにと残念です。

やはり毎日与えるのはお金がかかりすぎるので、おやつやご褒美として与えるのが精一杯です。

食物繊維として入っているビートパルプは賛否両論のある素材であるため消化に問題があるかもと心配でしたが、特に便通に変化も現れず安心しました。

カロリーが高いので、食べる量をしっかり決めないと太ってしまいます。

製造に時間をかけているキャットフードなので、仕方が無い事なのかもしれませんが、少しばかり値段が高いところは改善してもらいたい点です。

もっと多くの量を猫に食べさせたくても、オープンベイクドの値段の高さが気になってしまい、他のキャットフードを混ぜてしまう事もありました。

この製品の値段さえ下げてもらえたら、一種類のキャットフードを猫に与えるだけで、猫の健康を守る事ができそうだと感じているぐらい、魅力的な製品ではあります。

アレルギー対策がなされたキャットフードなので、一般的な量販店で売られているものよりはるかに値段が高いのが唯一不満に感じるところです。

200g入りパックが1つ3500円もするので、1ヶ月に掛かる餌代が2万円を越えています。

愛猫の健康のためとはいえ、金銭的負担が大きく頭を抱えてしまいます。

出来れば1パックの価格をもう少し抑えて頂くか、大容量の特価品を販売してくだされば飼い主としてももっと手軽にフードを買ってあげられます。

オープンベイクドに含まれている素材が鶏肉だけなので、このキャットフードだけでは栄養が偏ってしまうのが使っていて不満に感じることです。

せっかく無添加で高品質な製品なのに、他のフードも混ぜないといけないのは残念でなりません。

我が家では、人間用の食材で愛猫の体に良いものをトッピングとして作っていますがとても手間が掛かって面倒です。

新商品の予定があるのなら総合栄養食として他の栄養素も入れて販売して頂きたいです。

オープンベイクドの良い口コミ!

新鮮な鶏肉が素材として選ばれているだけでなく、骨抜きフレッシュチキンだという事を明記しているのが、オープンベイクドを気に入った点の一つです。

骨が混ざっているキャットフードではないところが安心できますし、カリウムやマグネシウムなどの、ミネラルの配合量を調整しているところも信頼できます。

猫の尿路結石の痛みも緩和されているようで、このまま尿のPh値を整えるためにも、オープンベイクドを与えていきたいと考えています。

低温でじっくり焼き上げられているため、栄養素が壊れず栄養価が高いところに満足しています。

食感もほかのドライフードのようにカリカリとした感じではなく、さくっとした新しい触感です。

珍しいタイプのフードなので食いつきの面で心配していましたが、とても気に入ったようで安心しました。

袋のジッパーが太めなので、開閉しやすいのも魅力です。すべてのキャットフードのジッパーも、この仕様になればよいのにと思うぐらい使いやすいです。

グレインフリーのキャットフードの中にも、アレルギー対策が出来ていない製品が多いために、評判の良さそうなオープンベイクドを選んでみました。

アレルギー対策も万全なだけでなく、10時間もかけてキャットフードを製造しているという、猫の消化吸収の改善を意識している点も魅力的です。

猫の便を見ていても、キャットフードを上手く消化できている事が分かり、これならば大丈夫だろうと安心してオープンベイクドを与える事ができました。

我が家で飼っている猫は、食物アレルギーを持っており通常のキャットフードを与えることが出来ません。

獣医師から「オープンベイクド」なら健康に悪影響を及ぼさないフードだと勧められたので愛用しています。

主要素材が鶏肉だけなので、穀物類を苦手にしている愛猫には安心して与えられています。

無添加で合成着色料もなく安全性の高さも際立っており今後もこのフードだけを食べさせていきます。

たんぱく質も豊富で申し分ありません。

我が家で飼育している猫は、野良生活が長かったために重い歯周病を患っていて歯が1本もありません。

オープンベイクドはドライフードにも関わらず、とっても柔らかい食感で歯で噛み砕かなくても食べられるのが気に入っています。

手でつまむだけで崩れるので、愛猫が丸呑みしても喉を詰まらせる恐れもなく安心して与えられています。

メイン素材は鶏肉で、必須たんぱく質を豊富に含んでおり猫の健康維持に努められるのがとてもいいです。

口コミの収集はクラウドソーシングを利用して行っています。

オープンベイクドの楽天レビューの口コミ!

試しだと思い 注文しました 多頭数 飼っているので 誰か 食べるだろうと 思っていました が あまり 食い付き 良くないです。

袋を開けた瞬間に「しまった!これは食べないぞ…」と思ったほど、
香りが弱いのです。
粒の形状を食べにくいのか、そのまま丸飲みすることが多く、
よくそのまま吐いていました…(-_-;)
これを混ぜて出すと後ずさりする始末なので、
うちのこには合わなかったようです。

お試し購入です。
レビューと、内容が、きにいって、購入。
最初の1回目は、食べるのに、二回目は、食べない。
好みが、大変です。

オープンベイクドのAmazonレビューの口コミ!

食物アレルギーの為、購入しました。
かなり改善され病院での抗生物質、整腸剤等が必要無くなりました。
とても助かりました。
あくまで、我が家の猫には良かっただけですので他の猫ちゃんに良いか分かりませんが、とても助かりました。
フードの形も猫ちゃんが食べやすい形状でよく噛んで食べれるようです。
リピートも考えています。
ありがとうございました。

出典:Amazon

普通に食べてくれました。ウチの猫が1年位前から以前は大丈夫だったチキン系プレミアムペットフードにアレルギーがでるようになり食もすすまなくなった為、フードジプシー中でした。ジビエ、ダック、ウサギ、ビーフなどあらゆるキャットフード試しましが嫌いらしく全く食べてくれなかったため、泣く泣く保護施設に全部上げました。なのでこういった100gのお試しパックはありがたいです。100gの少量ではありますがアレルギー症状はでなかったです。便も正常でした。でも成分に卵殻と表示があり気になる。私自身はベジタリアンだし動物愛護や環境問題も気になるのでどういった畜産が使われているのかな?とちょっともやっとします。今のところ猫がよく食べくれるベジタリアンキャットフ-ド、魚系キャットフードに落ち着きつつあるのでこの商品をリピートするかは分かりません。

出典:Amazon

うちの子はほとんど食べてくれなかった涙
身体に良いのはいいですが、やっぱり食べてくれないと…
いまは他のフードに混ぜながら与えています

出典:Amazon

オープンベイクドの口コミをまとめると!

たくさんの口コミを見てきましたが、どんな口コミがあったのかまとめてみましょう!

よい口コミ 悪い口コミ
・体に安心の成分
・お試しパックがある
・アレルギーがでなかった
・便の状態がよくなった
・食べやすい形状
・値段が高い
・ビートパルプが使用されている

メイン素材は鶏肉で、必須たんぱく質を豊富に含んでおり猫の健康維持に役立つという意見が見られました。

ただ、一方で悪い口コミもあり、値段が高く継続するのが大変という意見など、飼い主の扱いやすさに差があるようです。

オープンベイクドの原材料・成分!

原材料 チキン(骨抜きフレッシュチキン23%、チキンミール20%)、大麦、玄米、オート麦、フレッシュチキンレバー、ビートパルプ、キャノーラオイル、ビール酵母、カボチャ、フィッシュミール、乾燥鶏卵製品、フレッシュフィッシュ、サーモンオイル、亜麻仁、アルファルファ、ユッカシジゲラ、イヌリン、クランベリー、パイナップル、ホウレンソウ、緑茶抽出物、アップル、バナナ、ブルーベリー、ブロッコリー、海藻類、サツマイモ、硫酸コンドロイチン、グルコサミン塩酸塩、パセリ、ローズマリーエキス【ビタミン類】:ビタミンA(レチニルアセテート)10000IU、ビタミンD3(コレカルシフェロール)750IU、ビタミンE30mg【ミネラル類】:硫酸鉄266.7mg、硫酸亜鉛208.3mg、硫酸マグネシウム23.4mg、硫酸銅19.8mg、亜セレン酸ナトリウム0.22mg、ヨウ素酸カルシウム0.60mg。【アミノ酸類】:タウリン1000mg【技術的添加物】:クエン酸【酸化防止剤】:天然酸化防止剤
成分 粗タンパク質28%、粗脂肪14%、粗繊維3.0%、水分10%、粗灰分7.0%、カルシウム0.9%、リン0.8%、マグネシウム0.1%、カリウム0.6%、ナトリウム0.2%、オメガ-3脂肪酸1.0%、オメガ-6脂肪酸2.8%、グルコサミン100mg/kg、硫酸コンドロイチン100mg/kg

オープンベイクドの安全度は?成分からチェック!

健康被害や病気を引き起こすような危険な成分24種類をピックアップし、オープンベイクドに入っていないか?チェックした結果が以下です。

〇〇副産物※4D 〇〇消化物※4D 〇〇粉※4D
なし なし なし
〇〇ミール※4D 穀類(グレイン) 没食子酸プロピル
あり あり なし
BHT BHA エトキシキン
なし なし なし
動物性油脂 ソルビン酸カリウム グリシリジンアンモニエート
なし なし なし
ビートパルプ 亜硝酸ナトリウム 赤色40号
あり なし なし
青色2号 赤色3号 黄色5号
なし なし なし
青色3号 赤色2号 黄色104号
なし なし なし
黄色6号 青色1号
なし なし なし
4Dとは?
4Dとは「Dead=死んでいる」「Dying=死にかけている」「Disabled=不具合」「Diseasd=病気である」の略で非常に危険な食品です。

ラベルへの表記が様々なので統一して○○ミールなどとまとめた表記をしています。

オープンベイクドの安全性評価!

オープンベイクドは4Dのチキンミールを利用していて、当サイトの安全性ランクはBランク(最高はSランク)です。

4Dのほかにも穀類、ビートパルプも利用されているため安全性が高いとは言い切れません。

オープンベイクドは薬局で買える!?市販の販売店調査情報!

市販の店舗で購入できるところがあるのか調べてみました。

調査結果
  1. ココカラファイン:なし
  2. マツモトキヨシ:なし
  3. ミネドラッグ:なし
  4. ドン・キホーテ:なし

オープンベイクドの最安値は?楽天?Amazon?

どこで購入するのが最も安く買えるのか、価格比較をしてみました!

公式 楽天 Amazon
単品 3,996円(税込み) 258円(税込み) 389円(税込み)
定期 なし なし なし
お試し なし なし なし
送料 無料 別途必要 送料756円

オープンベイクドの販売会社情報!

会社名 株式会社ファンタジーワールド
住所 〒578-0956 大阪府東大阪市横枕西7-29
公式サイト http://www.fanta.co.jp/