【猫と犬を飼っている方必見!】ドッグフードは猫に与えても良い?

猫だけを飼っている方も多いですが、猫だけでなく犬を一緒に飼っているという方もすくなくありません。

猫と犬はどちらも性格が違い、それだけ可愛さがあるためどちらも飼いたくなってしまうのはわかります。

しかし、キャットフードが切れたからといってドッグフードを猫に与えるのだけはやめましょう。

その理由について今回は紹介していきます。

キャットフード教授

ドッグフードを猫ちゃんに与え続けるのは猫ちゃんのために良くないことだニャ!!

ドッグフードは猫に与えてはダメ!その理由とは?

手をあげる猫ちゃん

猫と犬を一緒に飼っている方は、管理しているつもりがついついどちらかのフードを切らしてしまっていた、という経験はないでしょうか。

キャットフードが切れていた場合、手元にあるのはドッグフードでキャットフードと見た目もそう変わらない、これは与えても問題ないのではと思ってしまうかもしれません。

結論から言うと、猫にドッグフードを与えるのはおすすめできません。

ドッグフードを与えてはいけない理由
  • 犬と猫の栄養素が違うため栄養不足になってしまう
  • ドッグフードの味付けでは猫にとって薄い

ドッグフードを猫に与えてはいけない理由はこの2つが大きい部分です。

では、それぞれの詳しい部分を説明していきましょう。

1. 犬と猫の栄養素が違うため栄養不足になってしまう

そもそも犬と猫の餌が同じでもいいのであればドッグフードとキャットフードに分ける必要がありません。

分けるのには必ず理由があるのですが、その理由の一つに犬と猫では必要な栄養素が違うという点があります。

犬は半雑食性で猫はほぼ肉食動物ということもあるため、それだけ身体の構成というのは違ってくることがわかるでしょう。

特に猫にとって必須栄養素であるタウリンはドッグフードにはそこまで含まれておらず、ドッグフードを猫に与え続けることによって体内でタウリン不足が起こってしまいます。

また、ビタミンB群として知られるナイアシンも犬は体内で合成することが可能ですが猫は合成することができません。

そのため、犬にとっては必要ない栄養素も猫にとっては必須の栄養素ということもあるため、ドッグフードを与えるのはおすすめできないということになります。

MEMO
ドッグフードを与えることはおすすめできないといった話はあくまで長期的にドッグフードを与えることを考えた場合です。

1回だけドッグフードを与えることに関してはあまり害はなく、人間が食べられるように味付けをされたものを与えるよりはよっぽど安全といえます。

しかし、だからといってドッグフードを与えても良いということではありませんので、しっかり猫に適した餌を与えるようにしましょう。

2. ドッグフードの味付けでは猫にとって薄い

ドッグフードというのは犬が必要な栄養素を考えられて作られているものですが、同時に犬にとって美味しいものであることが条件です。

犬にとって美味しいと思われるものが猫にとっても美味しいかと言われるとそうではありません。

猫は肉や魚の香りが強いもののほうが好む傾向にありますので、ドッグフードは猫にとって薄い味付けとなります。

そのため、ドッグフードを猫に与えようとしても思ったように食べてくれない、あるいは全く口にしない猫もいるほどです。

猫はグルメ家な一面を併せ持ち、食べ物に関してはとても好みが激しいため、キャットフードを切らしてしまったからといってドッグフードを与えても口にせず、かえって捨ててしまうだけでもったいないといったことが起こってしまいます。

キャットフードを切らさないためにできる2つの対策

キャットフードを並べる

キャットフードを切らしてしまう理由としては、キャットフードがどれだけ残っているのかを把握できていないといった部分が大きいです。

また、残量を確認してキャットフードのストックを購入しなければいけないと思っていたものの、つい忘れてしまっていたという方も多いでしょう。

では、どのような対策をしておけばいいのかについてですが、以下の2つを実践してみることをおすすめします。

2つの対策
  • 中身が見えるフードストッカーで残量チェック
  • 定期便を利用して餌が切れそうなときに届けてもらう

普段キャットフードをパッケージから直接皿にうつして与えているという人は、キャットフードの全量が残りどのぐらいかということを把握しにくいです。

持った感覚であとどのぐらい、直接目で見て残量を見るということもできますが、あまり確認しすぎるとキャットフードが酸化して味・風味が落ちてしまいます。

そこで、中身が見えるフードストッカーに保存しておくことで無駄に餌の残量を確認する必要がなくひと目であとどのぐらい入っているのかを確認することができます。

また、密閉することによって空気に触れることを妨げることができますので、キャットフードの品質劣化防止にもつながるでしょう。

それ以外にもメーカーによってはキャットフードを定期的に届けてくれるサービスを展開しているところがあります。

定期便で購入することによって値段が少し安くなるところもあるため、あなたが与えているキャットフードが定期で購入することができるかどうかを見てみると良いでしょう。

キャットフード教授

栄養を補給するためのキャットフードを切らさずに与えてあげることが大切だニャ!!