【口コミが悪い?】キャトリートの評判・安全性まとめ!

キャトリートの実際の利用者の「口コミ」と成分から解析した「安全性」を解説していきます!

キャトリートを猫ちゃんに与えてみた口コミ体験談!

キャットフードを食べているところ

キャトリートの匂いは?

キャトリートの匂いは少し匂いが気になるという感じがしました。
ですが、そこまで匂いが酷いという事はなかったのでそこまで大きな不満はありませんでした。

ただそこまで良い感じの匂いでもなかったという感じでした。

キャトリートの食いつきは?

ドライのキャットフードの中ではかなり食いつきは良い方だと思いました。
それだけ我が家の猫ちゃんも美味しいと感じたという事だと思います。

安い割にはかなり食いつきが良いと思ったのでコスパも良くかなり良いと思いました。

キャトリートの体調面への影響は?

体調ですがこれを食べても特に体調が良くなったという感じはなかったっです。
ただ、これを食べて体調が悪くなったという感じもなかったのでそこも特に大きな不満はなかったです。
ですが、できればもっと体調に良い変化があって欲しかったというのはありました。

キャトリートの悪い口コミ!

穀物が主原料であるため消化が悪いのか、便の量が増えました。

他のフードと同じ量を与えているのですが、キャトリートのときだけ便が大量になります。

原材料に関しては、着色料が使用されているのも不満です。

別にみた目の色なの気にしないので、着色料を止めてph調整剤も入れないでほしいです。

使用されている肉も、肉そのものではなくミールやパウダーとなっており、副産物の使用を心配しています。

たまにしか与えていないので健康に問題はなさそうです。

着色料として青色1号や黄色4号といった、あまり評判が良くないものを選んでいるところは、猫に定期的に食べさせるには不向きだと感じてしまいます。

現在では数日に一回ほどキャトリートを猫に食べさせる程度ですが、着色料の選び方を改善してもらえたら、毎日のようにキャトリートを猫に与えてみたいです。

穀物が複数配合されているのは、猫の身体に良い事だとは思えないので、原材料の選び方も工夫をしてもらいたいと思えました。

値段が安くて購入しやすいキャットフードだとは思いますが、猫の身体の健康を考えるのであれば、気軽に与えやすいとは思えませんでした。

赤色102号や青色1号といった着色料や、pH調整剤などが大量に使われているために、猫の身体に負担をかける事にならないか不安になってしまいます。

どうして着色料を使う必要があるのか疑問を覚えますし、もし商品改良を続けていくつもりがあるのならば、猫の健康を考えた商品として生まれ変わってもらいたいです。

動物性油脂の香りが変化しているのか、開封してから期間が経つと嫌な臭いを放つ場合もあるので、開封後は早い段階でキャトリートを使い切るように意識しています。

もう少し香りの良さを長時間キープしやすいように、原材料の選び方を工夫してもらえたら、友人にも安心してキャトリートの購入をおすすめできそうです。

着色料が三種類も使われているところもマイナスで、猫の食事には着色料は不要だと感じているので、今後は着色料を使っていないキャトリートを販売してもらいたいです。

「キャトリート」は、おいしいらしくパッケージを見るだけで興奮したように愛猫が寄って来るので、その姿も愛らしいのですが、値段が少々お高いのが不満な点です。

「キャトリート」に変更してから、今までのエサ代に比べると、約1.5倍程度になってしまいました。

そこで被害を受けているのが主人です。

もともとマンチカンを飼おうと言ったのは、主人なので、その責任を月々のお小遣いを減らすという形でとってもらっています。

主人は観念したのか何も言ってきません。

キャトリートの良い口コミ!

キャトリートはお手ごろな値段なのに、プレミアム感があるフードで食いつきも良いです。

匂いも食欲をそそられる魚の匂いがして、袋を開けるとまっしぐらに走ってきます。

ホームセンターや量販店など多くの見せて取り扱っているので、買い物ついでに猫へのお土産として買えるのも嬉しいです。

もともと健康体の猫ですが、食べて体調を崩すこともなく満足しています。

粒の大きさも食べやすそうで、カリカリと軽快な音を立てて食べています。

自分が飼育中の猫はキャットフードの好き嫌いが激しくて、美味しいと評判の製品であっても、一口食べただけで吐き出してしまう事も珍しくありません。

そんな猫の口にも合う製品を見つけるために、いくつものキャットフードを試しに購入しようと考えていた時に、ミニサイズが用意されているキャトリートは便利でした。

サイズが小さいおかげで試しに猫に食べさせやすいですし、猫がキャトリートの香りの良さを気に入ってくれた事に安心できています。

値段が安いキャットフードを、猫のおやつ用として購入したいと考えて、安売りされていたキャトリートに目をつけました。

未開封で18ヶ月も保存する事ができるので、たまに猫におやつを与えたい時に便利だと感じており、キャットフードに添えて食べさせやすい点も気に入りました。

脂質が低いだけでなくビタミンまで含まれていたりと、栄養バランスの良さにも満足できる品なので、たまにキャトリートを与えてみたいと考えています。

香りを嗅いだだけで猫が喜んでくれるような、香りの良いキャットフードとして選んだのがキャトリートです。
国産のカツオ節が使われているところが素敵で、とても香りが濃厚なカツオ節が入っているのか、開封した瞬間から美味しそうな香りが漂ってきます。
開封した直後に猫が走り寄ってくれたりと、猫のおやつとして与えやすいキャットフードだと感じており、価格が安いところも気に入りました。
そこまでカロリーも高くないので、おやつの時間に今後も与えていきたいです。

1年前からメスのマンチカンを飼いはじめ、その可愛らしさに主人も子供達も、もちろん私もメロメロで溺愛しています。

ただ、フンの臭いがキツイのが気掛かりでいたので、同じく猫を飼っている友人と話しているところで「キャトリート」が良いと教えてもらいました。

早速、近くのペットショップで購入して愛猫に与えました。

最初はエサが変わってあまり食べないかもしれないと心配していましたが、喜んで食べてくれました。友人の話通り、1週間もする頃にはフンの臭いが薄らいできました。

口コミの収集はクラウドソーシングを利用して行っています。

キャトリートの楽天レビューの口コミ!

スマックの4連のミネットが割合好評なのですが、40gmの小分けが微妙に使いにくいので購入してみました。
カロリー 350kcal/100gm
繊維 3%
マグネシウム 0.11%
美味しさが売りっぽいフードにしては悪くは無いです。
粒は1cm近い大きさですがかなり薄いです。
適当にざらっと出しただけでカツオ節が目に見えて混ざっているのと
原材料のパン粉が気になるので、猫受けはいいですが少量のトッピングにしています。
チャック付きの袋は保管に便利です。

どちらかというと痩せ気味な小食の猫のトッピング使いにしています。
粒は小粒まではいかないですが薄いので食べにくさも無さそうです。
薄く削ったカツオ節が結構多めに入っているので他のフードに少し混ぜ込んであげています。普通に良く食べています。

このシリーズの中ではこの味が好きなようです。
小分けではないのですが
割と減りが早いのであまり気になりません。
同じものばかりだと飽きるので
常備しているカリカリのうちのひとつです。

キャトリートのAmazonレビューの口コミ!

値段も気に入ったのですが、猫たちがすごく良く食べるのでドライしか食べない子にはこれを食べさせています。

出典:Amazon

他の方も書かれてますが、
値段もやすく、
我が家の猫ちゃんは、
お気に入りです。

出典:Amazon

キャトリートの口コミをまとめると!

たくさんの口コミを見てきましたが、どんな口コミがあったのかまとめてみましょう!

よい口コミ 悪い口コミ
・コスパがよい
・小粒で食べやすい
・食いつきがよい
・毛並みもよくなった
・体調面もよくなった
・着色料など添加物が入っている
・便の量がふえる
・穀物が入っていて心配

口コミを見ていると「栄養バランスの良さに満足できる」という意見が最も多く見られました。

ただ、一方で悪い口コミもあり、便の悩みや副産物が気になるという意見など、無添加志向の飼い主には向かないフードかもしれません。

キャトリートの原材料・成分!

原材料 穀類(とうもろこし、小麦粉、パン粉、コーングルテンミール等)、魚介類(フィッシュミール、フィッシュエキス、かつお節、フィッシュパウダー)、肉類(ミートミール、 チキンミール、ポークミール)、動物性油脂、豆類(脱脂大豆等)、ビール酵母、粉末セルロース、たん白加水分解物、酵母細胞壁、植物発酵抽出エキス、 ミネラル類(カルシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、ヨウ素)、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、B6、葉酸、コリン)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、pH調整剤、着色料(赤色102号、黄色4号、青色1号)
成分 たんぱく質30.0%以上、灰分9.0%以下、脂質12.0%以上、水分10.0%以下、粗繊維3.0%以下

キャトリートの安全度は?成分からチェック!

健康被害や病気を引き起こすような危険な成分24種類をピックアップし、キャトリートに入っていないか?チェックした結果が以下です。

〇〇副産物※4D 〇〇消化物※4D 〇〇粉※4D
なし なし なし
〇〇ミール※4D 穀類(グレイン) 没食子酸プロピル
あり あり なし
BHT BHA エトキシキン
なし なし なし
動物性油脂 ソルビン酸カリウム グリシリジンアンモニエート
あり なし なし
ビートパルプ 亜硝酸ナトリウム 赤色40号
なし なし なし
青色2号 赤色3号 黄色5号
なし なし なし
青色3号 赤色2号 黄色104号
なし なし なし
黄色6号 青色1号
なし あり なし
4Dとは?
4Dとは「Dead=死んでいる」「Dying=死にかけている」「Disabled=不具合」「Diseasd=病気である」の略で非常に危険な食品です。

ラベルへの表記が様々なので統一して○○ミールなどとまとめた表記をしています。

キャトリートの安全性評価!

キャトリートは4Dを利用しているキャットフードで、当サイトの安全性ランクはEランク(最高はSランク)です。

4D以外にも添加物も豊富に含まれています。

特に、猫ちゃんにとって何ら意味のない着色料が大目に含まれているため、人間に向けて売るために作られたキャットフードといえるでしょう。

キャトリートは薬局で買える!?市販の販売店調査情報!

市販の店舗で購入できるところがあるのか調べてみました。

調査結果
  1. ココカラファイン:なし
  2. マツモトキヨシ:なし
  3. ミネドラッグ:なし
  4. ドン・キホーテ:なし

キャトリートの最安値は?楽天?Amazon?

どこで購入するのが最も安く買えるのか、価格比較をしてみました!

公式 楽天 Amazon
単品 230円(税込み) 509円(税込み)
定期 なし なし
お試し なし なし
送料 別途必要 別途必要

キャトリートの販売会社情報!

会社名 株式会社スマック
住所 〒476-0002
愛知県東海市名和町天王前20番地
公式サイト https://www.smack.co.jp/