ブリティッシュショートヘアの餌の選び方とおすすめキャットフード!

長い歴史を持っている猫ちゃんの一種であるブリティッシュショートヘアは、日本でも長いこと愛され今もなお人気の猫ちゃんです。

そんなブリティッシュショートヘアにはどのようなキャットフードを与えれば良いのか、猫を一度も飼ったことがない人やキャットフードを見直している人は興味があるのではないでしょうか。

そこで今回はブリティッシュショートヘアに合った餌の選び方とおすすめのキャットフードを紹介していきます。

キャットフード教授

ブリティッシュショートヘアは2003年に日本でキャットフードのCMに起用される実績を持つかわいさニャ!!

ブリティッシュショートヘアのキャットフードの選び方!3つのポイント!

ブリティッシュショートヘアは日本でも根強い人気を誇っていますが、活動的で人懐っこい性格が理由の1つでもあります。

では、ブリティッシュショートヘアの猫ちゃんにおすすめな餌はどのように選べばいいのかわからないという人も多いかと思いますので、ポイントを3つに絞って紹介していきましょう。

3つのポイント
  • 高品質な動物性タンパク質を含有している
  • カロリーが高すぎない
  • ビートパルプを使っていない

このポイントを押さえていれば、ブリティッシュショートヘアの猫ちゃんを飼い始める方や猫ちゃんのことをよく知らないという人でもしっかりと安全性の高いキャットフードを選ぶことができます。

では、なぜこの3つのポイントがブリティッシュショートヘアの猫ちゃんにとって大切なのかという点を紹介していきましょう。

1. 高品質な動物性タンパク質を含有している

ブリティッシュショートヘアの猫ちゃんは性格上活発に動き回りますので、その分しっかりと筋肉をつける必要があります。

猫の筋肉をつける、あるいは栄養を補給するためには動物性タンパク質を取り入れることが第一条件です。

そして具体的にどのような状態・どのような部位の動物性タンパク質であるかを明記している方が品質が高く信頼できるといえます。

例としてフレッシュサーモンや骨抜きチキン生肉といったようなものです。

また、動物性タンパク質1つにしても品質の高いものを選ばなければかえってブリティッシュショートヘアの猫ちゃんの身体に悪影響を与えてしまうこともあります。

注意
低品質な動物性タンパク質の代表に4Dミートと呼ばれる成分があります。

4Dミートは◯◯ミール、◯◯パウダー、肉類副産物といった表記で記載されており、猫ちゃんに与え続けることによって発がん、変異疾患リスクを高めてしまうので気をつけなくてはなりません。

詳しい成分表示は【愛猫の安全のため!粗悪なキャットフード業界事情を知ろう!】を参考にしてみてください。

この4Dミートは「Dead=死んでいる」「Dying=死にかけている」「Disabled=不具合」「Diseased=病気である」に該当する肉・魚を含んで混ぜ合わせて作られたミートです。

キャットフード教授

ヒトが口にすることができないほどのリスクがあるミートを猫ちゃんに食べさせるのは考えられないことニャ!!

2. カロリーが高すぎない

ブリティッシュショートヘアは運動を好むゆえにカロリーも必要とします。

だからといってカロリーが高いキャットフードを選んでしまうとカロリーオーバーになり肥満の元になってしまいます。

また、猫の一生で仔猫の時期は一番カロリーを必要とし、成猫、老猫と徐々にカロリーは必要としなくなるので、それに合わせて給餌量を守らなくてはなりません。

そのため、仔猫の時期から同じキャットフードを与え続けるのであれば、バランスが良い370~390kcal前後のキャットフードが良いでしょう。

MEMO
ヒトでも同じように摂取カロリーがあまりにも高すぎると肥満になりやすく、肥満から病気を発症するリスクが高まってしまいます。

特に猫ちゃんは肥満になってしまうことによって筋肉を支えきれず関節炎になってしまう、あるいは糖尿病になることもあるので注意が必要です。

猫ちゃんは個体差によって活動量も変わりますし、室内飼いかそうでないかによっても変化してきますので、猫ちゃんそれぞれに合った必要カロリー数を見つけるようにしましょう。

3. ビートパルプを使っていない

キャットフードの中に含有されている人工添加物というのは明確な規定がなく、ヒトが口にすることができない添加物でさえ平気で含有されているのが現実です。

しかし、一見人工添加物が含まれていないような成分でも残留していることがあり、その代表としてビートパルプがあります。

ビートパルプは甜菜(てんさい)から砂糖を抽出した際の絞りカスのことを指し、適度な甘さと食物繊維があることからキャットフードに使用されることが多いです。

しかし、甜菜から砂糖を抽出する際の方法として化学物質を用いるものがあり、しっかりと洗浄せずに化学物質が残留している状態でキャットフードに含有している可能性があるのです。

というのも化学物質を洗浄するにはどうしてもコストが発生してしまうので、人工添加物の基準が緩いキャットフードにはある程度洗浄しただけでビートパルプを含有させているということも出てきてしまいます。

そのためビートパルプはしっかりと洗浄した状態であるのか、化学物質を用いていないのかが不明瞭なので避ける方がおすすめです。

MEMO
また、甜菜に含まれる食物繊維は不溶性の食物繊維で、便秘解消と便が硬くなるので掃除が便利でニオイも抑えられるということで一時期ビートパルプが含有されたキャットフードが人気になりました。

しかし、実は不溶性の食物繊維の過剰摂取は便を硬くしすぎてしまうため便秘をさらに深刻化させてしまうことにつながるのです。

あなたの都合を良くするためではなく、猫ちゃんの健康を考えたキャットフード選びが何よりも大切ということを覚えておいてください。

ブリティッシュショートヘア用のキャットフードの比較一覧!

ブリティッシュショートヘアに適したキャットフード選びをする場合のポイントを抑えた上で、具体的に市販されているキャットフードから選ぶとなると、とても大変で苦労してしまいます。

そこで、今回当サイトで調査したキャットフードのうち安全性基準ランクA以上のキャットフードが10種類あるので、先ほどのポイントを比較していきましょう。

タンパク質含有率 カロリー ビートパルプ使用有無
カナガン 60%
(チキン)
390kcal
モグニャン 63%
(白身魚)
380kcal
ファインペッツ 85%
(アヒル&ニシン)
427kcal
シンプリー 73%
(サーモン)
380kcal
ジャガー 80%
(チキン)
383kcal
オリジン 90%
(チキン)
400kcal
アーテミス『オソピュア』 40%
(サーモン)
386kcal
アーテミス『フレッシュミックス』 33%
(チキン)
392kcal
アカナ 37%
(チキン)
406kcal
ナウフレッシュ 31%
(ターキー)
394kcal

安全性基準ランクA以上ということだけあり、身体に悪影響を与えてしまうビートパルプは全て不使用だということがわかりました。

また、動物性タンパク質も豊富で原料も高品質なものを厳選して選んでいるキャットフードが多く、豊富なタンパク質と栄養補給が可能なので、どのキャットフードが良いかわからないという方はこの10種類から選ぶということでも良いでしょう。

また、猫ちゃんが消化を苦手とする穀物類を含んでいるものもほぼ無いため、アレルギー性も低くおすすめです。

カロリーに関しては400kcalを越えてしまっているキャットフードもありますが、仔猫の時期や活発に動く猫ちゃんであれば与えても問題ありませんので高カロリーのキャットフードに惹かれるのであれば一度検討してみると良いでしょう。

ブリティッシュショートヘアにおすすめのキャットフードランキング!

ブリティッシュショートヘアの猫ちゃんにとっておすすめなのは安全性において信頼できるキャットフードですが、先ほど比較した10種類の中から選ぶということも少し手間を感じてしまう人もいるでしょう。

では、安全性において信頼できるキャットフードかつ、ブリティッシュショートヘアに合った餌の選び方のポイントを考えた場合に適しているキャットフード3つに絞ってランキングにして紹介していきます。

カナガン

カナガン
ポイント
  1. 高品質チキン(イギリス産)を高配合
  2. カロリーもバランスよく全ライフステージ対応
  3. ビートパルプ不使用
  4. グレインフリー
  5. 人工添加物不使用
CHECK
イギリス産の高品質なチキンを使用し、ビートパルプ不使用で390kcalと安全性も抜群で仔猫からシニア猫まで全ライフステージ対応のキャットフードがカナガンの特徴です。

また、ブリティッシュショートヘアの猫ちゃんの必須アミノ酸であるタウリンも高配合しているので栄養面でもおすすめできるキャットフードとなっています。

カナガンの評価
タンパク質
(4.5)
カロリー
(4.5)
ビートパルプ不使用
(5.0)
安全性
(5.0)
総合評価
(5.0)

モグニャン

モグニャン
ポイント
  1. 高品質な白身魚をメインに高タンパク
  2. 魚をメインにしているためヘルシー
  3. ビートパルプ不使用
  4. 人工添加物不使用
  5. グレインフリー
CHECK
高品質な白身魚をメインとしたキャットフードで、カロリーも380kcalもヘルシー、ビートパルプ不使用と安全性に栄養面ともに優れています。

また、人工添加物も不使用、猫ちゃんの消化に苦手な穀物(グレイン)も含まれていないのでブリティッシュショートヘアにとってはうってつけのキャットフードと言えるでしょう。

モグニャンの評価
タンパク質
(4.0)
カロリー
(4.5)
ビートパルプ不使用
(5.0)
安全性
(5.0)
総合評価
(4.5)

シンプリー

シンプリー
ポイント
  1. サーモンをメインとした高品質タンパク源
  2. 380kcalと全猫種・全年齢に対応
  3. ビートパルプ不使用
  4. 人工添加物不使用
  5. グレインフリーで消化にも優しい
CHECK
消化に優しいサーモンをメイン原料とし、カロリーも380kcalとバランスが良くビートパルプ不使用とブリティッシュショートヘアにおすすめできるキャットフードです

厳選した安全性の高い原料をピックアップして生産していますので、サーモンが好みの猫ちゃんにはうってつけのキャットフードとなっています。

シンプリーの評価
タンパク質
(4.0)
カロリー
(4.5)
ビートパルプ不使用
(5.0)
安全性
(5.0)
総合評価
(4.5)

ブリティッシュショートヘア用のキャットフードのQ&A!

ブリティッシュショートヘアの猫ちゃんにおすすめのキャットフードを紹介しましたが、全てドライフードということにお気づきでしょうか。

猫ちゃんに与えることのできるキャットフードはドライフードの他にウェットフードがあります。

では、ドライフードとウェットフードはどのように使い分ければ良いのかについて今回はブリティッシュショートヘア用のQ&Aとして紹介していきましょう。

ウェットフードとドライフードはどうやって使い分ける?

ウェットフードとドライフードの使い分けが上手くできず、どちらかだけ与えているという人も少なくありません。

しかし、ドライフードとウェットフードはそれぞれ特徴がありますので、使い分け方を覚えて適したタイミングで餌を与えてあげましょう。

普段与えてあげる必要があるのはドライフードの方で、その理由としてドライフードには栄養が豊富に含まれているからです。

ドライフードは栄養を凝縮することができるほか、歯につきにくいため猫ちゃんの歯周病や歯肉炎になりにくいということもメリットといえます。

一方ウェットフードの場合は、水分量が多いため消化に良いというメリットがあります。

そのため、猫ちゃんが食欲不振や体調不良の際にはドライフードよりもウェットフードを与えるほうがおすすめです。

また、食感が肉に近いということもあり猫ちゃんはドライフードよりもウェットフードを好む傾向があります。

しかし、食べたものが歯に残りやすく歯周病や歯肉炎、口臭の原因になりやすいので気をつけるようにしてください。

ドライフードとウェットフードの使い分けについてまとめると以下のようになります。

つかいわけまとめ
  1. 普段の食事に与える餌はドライフード、体調が良くないときに与えるのがウェットフード
  2. ウェットフードは水分が多く栄養は少ないが猫ちゃんが好む傾向にあるので与えすぎないようにする

ドライフードが飽きないようにおやつ時にウェットフードを与えるという工夫でも問題ありませんので、今回紹介したまとめを覚えて上手く使い分けられるようにしましょう。